編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

国内HPC市場、2009年は学術系HPCが牽引も2010年はマイナス成長へ--IDC

富永恭子(ロビンソン)

2010-06-15 16:30

 IDC Japanは6月15日、国内ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)市場について、2009年の実績と2010年〜2014年の市場予測を発表した。2009年は民間企業向けのHPC市場が景気後退の影響を受け大きく落ち込んだものの、学術用途で大型案件があり全体ではプラス成長を遂げた。

 同社ではHPCシステムを価格帯別に分類。5000万円以上のシステムをテクニカルスーパーコンピューター、2500万円〜5000万円未満をテクニカルディビジョナルコンピューター、1000万円〜2500万円未満をテクニカルデパートメンタルコンピューター、1000万円未満をテクニカルワークグループコンピューターと分類している。

 調査結果によると、2009年の国内HPC市場規模は、前年比6.9%増の410億9000万円となった。また、2014年の市場規模は354億7200万円、2009年〜2014年の年間平均成長率(CAGR)はマイナス3.0%になると予測している。

 景気後退の影響を受け、2009年の国内サーバ市場全体が前年比19.2%の減少となる中で、同年の国内HPC市場はプラス成長をとげた。しかし、その内容としては、テクニカルスーパーコンピューターの分野のみが成長し、他のカテゴリはすべてマイナス成長だったという。前年に引き続き官公庁の研究機関、大学などの「学術系HPC」でテクニカルスーパーコンピューターの案件が多数あったことが要因だとIDCでは説明している。一方、民間企業向けの「産業系HPC」市場は、景気後退の影響を受け大きく落ち込んだ。

 IDCでは、学術系HPCの出荷金額は国内HPC市場全体の75%程度を占めているとみている。また、2009年は海洋研究開発機構に出荷された「地球シミュレータ」の超大型案件が成長の原動力になった。2010年のHPC市場は、この反動によって前年比でマイナス成長になるとIDCは予測している。

 また、製品分野別では、x86サーバによるクラスターシステムが市場を牽引するとIDCはみており、国内HPC市場の2009年〜2014年のCAGRはマイナス成長ながら、x86サーバの同期間のCAGRは4.6%になると予測。RISCサーバやスーパーコンピューターは、一部のアプリケーションの利用に限定されるとみている。

国内HPC市場 サーバ製品別出荷金額予測(出典:IDC Japan)※クリックすると拡大画像が見られます 国内HPC市場 サーバ製品別出荷金額予測(出典:IDC Japan)※クリックすると拡大画像が見られます

 IDC Japanでサーバー リサーチのマネージャーを務める林一彦氏は、「HPC市場は、大容量共有メモリを必要とするアプリケーションで、RISCサーバとスーパーコンピューターの根強い需要がある。一方、価格対性能比の優れたx86サーバを用いたクラスターシステムは、今後さらに増加するだろう」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]