編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

アドビ、「Flash Player 10.1」を携帯電話メーカー向けにリリース

文:Larry Dignan(ZDNet.com) 翻訳校正:川村インターナショナル

2010-06-22 16:32

 Adobe Systemsは米国時間6月22日、携帯電話メーカー向けに「Flash Player 10.1」を公開した。先陣を切って同ソフトウェアを採用するのは「Android」OSの最新版だ。

 Adobeは今回の発表によって、Flashをデスクトップとモバイルデバイスの両方で「普通に機能する」プラットフォームとして位置づけようとしている。最新のAndroid OSである「Froyo」が、モバイル分野へ進出するFlashの試金石となる。Flashは、Motorolaの「DROID」や複数のHTC製デバイス、さらにはDellの「Streak」にも搭載される見通しだ。その後、Adobeは「数カ月以内」に、「BlackBerry」「webOS」「Windows Phone 7」「LiMo」「MeeGo」「Symbian」といったプラットフォーム上でFlashを公開していく予定だ。

 Adobeのテクノロジ戦略およびパートナー開発担当ディレクターであるAnup Murarka氏によると、同社はモバイルOEMの上位20社のうち19社と提携していくという。Murarka氏はまた、モバイルデバイス上のFlashは既存のウェブコンテンツに対応し、ウェブページ上でのダブルタップオプションなどの機能を提供するほか、チップメーカーとの連携も強化されると述べている。「10.1で、革新を実現するための土台を作った」(Murarka氏)

 Adobeはどのような計画を立てているのだろうか。Murarka氏は以下のことを明らかにした。

  • Flash 10.1を最初に採用するのは「Android 2.2(Froyo)」の予定だ。
  • Flash 10.1は「Android Market」からダウンロード提供されるが、システムソフトウェアとして提供される。
  • Flash 10.1はプレインストールが開始される2010年後半に、タブレット上での本格的な普及が始まる見通し。
  • Adobeは2010年に、Flash 10.1が9〜10%のスマートフォンに搭載されることを期待している。
  • 2011年までに、Flash 10.1は3分の1のスマートフォンに搭載される見込み。
  • 市場シェアが大幅に変化しない限り、Adobeは2012年までに、出荷される半分以上のスマートフォンにFlash 10.1を搭載する計画だ。
  • 「Flash Lite」は今後もマスマーケット向け携帯電話に搭載される予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]