編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

国内サーバ市場の産業分野別投資動向、今後は通信・メディアと組立製造に注目--IDC調査

富永恭子(ロビンソン)

2010-07-06 17:47

 IDC Japanは7月6日、国内サーバ市場における産業分野別投資動向の2009年実績と2009年〜2014年の予測を発表した。

 これによると、2009年の国内サーバ市場規模は4807億円。産業分野別サーバ投資額では、多くの産業分野で前年比成長率が2桁減となる中、「一般サービスおよびその他」の分野が、市場規模で国内サーバ市場全体の4.1%を占め、前年比50.3%増と高い伸びを示したという。同分野では、2009年にメインフレームの大型更新案件があったことに加え、前年の2008年が需要の谷間に当たったことが、サーバ投資額の高い成長率の要因となったとIDCではみている。

 また、2014年の国内サーバ市場規模4141億円になるとIDCでは予測。2009〜2014年の5年間の年間平均成長率(CAGR:Compound Average Growth Rate)は、マイナス2.9%になる見込みだという。産業分野別投資額のCAGRの比較では、「教育」分野の値が最も高く、プラス2.4%になるという。IDCは、教育分野では2010年以降、HPC(High Performance Computing)の大型案件がコンスタントにあるものとみており、このため同分野のCAGRが高くなると予想している。

 一方でIDCは、比較的市場規模が大きくCAGRがプラスとなる市場として、「通信およびメディア」と「組立製造」の2分野に注目している。IDC Japan、ITサービスグループ シニアマーケットアナリストの唐澤正道氏は「通信およびメディアと組立製造は、ともに投資の回復点として注目すべきだ。通信およびメディアでは、次世代通信を利用したサービスがいつから始まるのかを、また組立製造では、景気後退の影響で止まっていたサーバ投資が再開される時点を、それぞれ見極める必要がある」とコメントしている。

2009年における国内サーバ市場、産業分野別投資額の前年比成長率 2009年における国内サーバ市場、産業分野別投資額の前年比成長率(出典:IDC Japan)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]