ノベル、ソフトウェアアプライアンス形式のログ管理製品を発表

富永恭子(ロビンソン)

2010-07-09 21:05

 ノベルは7月9日、ログ管理製品の最新版である「Novell Sentinel Log Manager 1.1」を発表した。同製品は、ソフトウェアアプライアンス形式で提供される。提供開始日は7月12日。

 ソフトウェアアプライアンスとは、アプリケーションからミドルウェア、OSまでを統合し、業界標準のハードウェア上で実装できるようカスタマイズしたもの。このため、導入が簡単で、数分で利用を開始できるという。また、自動更新機能によって、時間のかかるメンテナンス作業も軽減される。同製品のソフトウェアアプライアンス化には、ノベルのウェブベースのアプライアンス構築ソリューション「SUSE Studio」を活用したという。

 Novell Sentinel Log Managerは、ノベルのセキュリティ管理ポートフォリオに含まれるログ管理製品。ITシステムに蓄積されている大量のイベントログデータをさまざまなソースから収集し、アーカイブ、検索、レポートするプロセスを簡素化することで、監査に必要な作業を容易にし、企業のセキュリティとコンプライアンスを強化できるとしている。

 最新版には、新機能として、「ユニバーサル検索機能」「インテリジェントアセットトラッキング」が追加された。ユニバーサル検索機能は、コンプライアンス管理やフォレンジック調査用に複数のSentinelサーバに対する検索を同時に行えるもので、イベントデータへアクセスする複雑さを軽減する。インテリジェントアセットトラッキングは、フィルタの高速化および、ログの有効活用のために、アセット情報にタグを付与する。また、コンプライアンス検証レポートの作成を容易にするための「テンプレートの強化」、アクセス権を設定することでレポートやログを役割別に管理する「ロールベースのレポートとログへのアクセス強化」が行われている。

 Novell Sentinel Log Managerの価格は個別見積となる。動作環境のハードウェアとして、CPUにIntel XeonもしくはAMD Opteronの64ビット対応CPUを搭載でき、OSとしてSUSE Linux Enterprise Server 11 64-bitが動作するサーバが必要。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]