S・バルマー氏、「Windows 7」スレートと「Windows Phone 7」を語る--WPCで

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:編集部 2010年07月13日 08時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)であるSteve Ballmer氏は米国時間7月12日、Microsoftは現在でもタブレットに真剣に取り組んでいると主張した。

 Ballmer氏は、「Windows 7」ベースのスレートが2010年中に市場投入される予定であると繰り返し、Windows担当バイスプレジデントであるTami Reller氏は、東芝が開発中の2画面搭載「Libretto」や中国のコンピュータメーカーHanvon製のスレートなど、数種類のモデルを披露した。

 Ballmer氏は、ワシントンD.C.で開催中の同社のWorldwide Partner Conferenceにおいて、「今後数カ月間で、みんながきっと強い印象を受けるであろう多種多様なWindows 7ベースのスレートが登場する予定である」と述べた。Dell、ASUSTeK Computer、サムスン、東芝から製品が登場する予定であるとBallmer氏は述べ、それらは多様なサイズと多様な価格で提供され、キーボードを搭載するモデルも搭載しないモデルも提供されると付け加えた。「これに関してはかなり力を入れている」とBallmer氏は述べた。

 またBallmer氏は、「Windows Phone 7」の提供と、同社が1世代分、イノベーションに遅れてしまったことを認めた上で、その遅れを取り戻すことを期待している理由について語った。

 Ballmer氏は、「『Windows Mobile』では1世代分遅れをとってしまった」と述べた。「本当に、ほとんど1回分のリリースサイクルを逃してしまった。しかし2010年に入ってバルセロナで開催されたMobile World Congressで披露することのできたWindows Phone 7は、非常に高い評価を、本当に非常に優れた評価を得ている。われわれは、人々が家庭で喜んで使用し、また、企業ITが電話のフォームファクタで実現しようとしているシナリオに対応し、サポートするような、一連のWindowsベースの端末を提供することになるとわたしは考えている」(Ballmer氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算