日本シー・エー・ディー、不正接続対策アプライアンスに大規模企業向けの上位モデル

ZDNet Japan Staff

2010-08-03 14:55

 日本シー・エー・ディーは8月3日、不正接続検知、排除システム「IntraGuardian2」の上位モデルとなる「IntraGuardian2 EX」を発表した。同日より受注を開始し、9月1日より出荷する。

 IntraGuardian2は、社員の私物ノートPCなどのいわゆる「持ち込みPC」が、無許可で社内ネットワークへ接続される「不正接続」を防止するためのアプライアンス。シンプルな機能と設置の容易さが特長で、専任のネットワーク管理者を配置できない中、小規模企業や団体をはじめ、チェーン店舗、医療、教育、公共機関などで多く利用されているという。

 新モデルとなるIntraGuardian2 EXでは、VLAN方式のひとつである「タグVLAN」に対応。従来製品は、タグVLANで構築されたネットワークの各VLANセグメントに1台ずつ設置する必要があったが、新モデルでは1台で最大16個のVLANセグメントに対応可能となった。例としては、1000人規模の企業、事業所において十数台必要だったものを、新モデルでは1台で処理できるという。設置台数を大幅に削減することにより、導入から運用までトータルで約60%のコスト削減が期待できるとしている。また、クラスB相当(16ビット)のネットワークに対応し、各VLANセグメントあたり最大1万台の端末(MACアドレス)を登録でき、端末数の多い大規模環境でも利用できる。

 IntraGuardian2 EXの価格は、8VLAN版が24万円。16VLAN版が42万円となっている。同社では、初年度で500台の販売を目標とする。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]