編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ドトールのIT部門は経営陣の命題にどう答えたか?

ZDNet Japan Staff

2010-08-04 19:01

 国内で1400店舗以上のコーヒーショップを展開するドトールコーヒーは、受発注処理システム「BeANS」の刷新にあたり、オープンソースソフトウェアを採用した。

 2005年から利用していたオープンシステムでは、ハードウェアのリプレースと同じタイミングで、本来ならまだ使える基幹アプリケーションを全面改修もしくは再構築しなければならないなど、ライフサイクル管理で問題を抱えていた。

 また、経営陣からは、情報システムの中期計画の策定、IT関連コストの削減、M&Aに対応できる情報システムの構築が求められた。

 これらの問題や要求に応えるため、ドトールコーヒーが採用したのがオープンソースソフトウェアだ。

 サイオステクノロジーが8月27日に開催するイベント「オープンソースサミット2010」では、「ドトール社に学ぶ最新OSS活用事例」と題した講演が用意される。

 本イベントでは、ドトールコーヒーでオープンソースソフトウェアが採用された経緯や問題解決の詳細が紹介される予定となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]