ラック、ECサイト標的にした攻撃で注意喚起--Linuxサーバも対象に

吉澤亨史 2010年08月20日 12時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラックは8月19日、電子商取引(EC)サイトを標的としたクレジットカード情報や個人情報を窃取する攻撃について新たな攻撃対象の特徴や手口の傾向が判明したとして注意喚起を発表した。

 同社の情報漏洩緊急対応サービス「サイバー救急センター」に問い合わせのあった最近の複数の事例で2つの特徴が確認されたという。1つは、攻撃者は検索エンジンを悪用して情報を窃取できそうなサイトを選別しており、「JCB」「VISA」「Master」などのカードブランド名称と、「支払」などのキーワードで検索している。

 サイトのURLにPHPが含まれるサイトも標的としている。従来からの「.asp」や「.aspx」が含まれるサイトも引き続き標的になっている。さらに、検索結果にたとえば「xxxxx.php?code=xxxxx」のようにパラメータが表示されているサイトも標的としていることがわかった。

 もう1つは、従来のWindowsサーバだけでなくLinuxサーバ上で稼動するApacheやPHPで構築されているサイト、そしてこのような環境を活用した低価格なホスティングサービスも攻撃者の対象となっていることもわかったという。これらはセキュリティへの考慮がほとんどなされておらず、その責任の所在も正しく認識されていないとしている。

 同社では、1つめの特徴に該当し、これまでウェブアプリケーション診断を行ったことがない、あるいはウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)といったSQLインジェクションなどの攻撃を防御する装置も導入していないECサイトは、すでに侵入されている可能性もあり得る致命的な状態の「警告レベル」であるとしている。

 また、1つめの特徴に該当しなくてもカード情報や個人情報を保持しており、これまでウェブアプリケーション診断を行ったことがない、あるいはWAFなどの装置も導入していないECサイトは、いつ侵入されてもおかしくない危険な状態の「注意レベル」であるとしている。

 警告、注意レベルにあるサイトは、対策方法として「自社サイトのログを確認して不審なものがないか確認する」「並行してウェブアプリケーションの脆弱性に関する鳥瞰検査を受ける」「カード情報を保持している場合は、決済会社と相談して非保持契約に切り替えるか、WAFなどの防御装置の導入を検討する」を挙げている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算