編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Macのパフォーマンスを最適化するための7つのティップス

文:Vincent Danen(TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2010-08-31 08:00

 Macはトラブルとはほぼ無縁のシステムであり、Mac OS XというOSも非常に堅牢なものとなっている。とは言うものの、どのようなものに関しても転ばぬ先の杖を心がけることは望ましいはずだ。そこで本記事では、Mac OS Xを最高の状態で稼働させ続けるためにできることを7つ紹介する。

#1:バックアップを作成しておく

 まず、何よりも重要なのは大事なファイル、あるいはシステム全体のバックアップを作成しておくことである。筆者の知る限り、システム全体の複製を作成する方法(ハードウェア障害が発生した場合でも迅速な復旧が可能になるため、バックアップ方法としては特に優れている)として最もお勧めできるのは、外部ハードディスクとSuperDuper!を組み合わせて使用するソリューションである。SuperDuper!を使用することで、起動可能なハードディスクの複製を作成できるようになる:この作業は、大規模なシステムアップデートの前に行ったり、定期的に行うようにするのがよいだろう。また、AppleのTime Machineに対応したハードディスクを用意し、同様のバックアップをスケジューリングしておくという方法もある。

#2:ソフトウェアを最新の状態にしておく

 ソフトウェアを最新の状態にしておくのも重要なことである。ソフトウェアアップデートでは新機能の提供やバグの修正だけではなく、しばしばセキュリティ上の問題への対処も行われる。また、Mac OS Xのソフトウェアアップデートによりシステムを最新の状態にしておくだけではなく、インストールしたサードパーティー製のアプリケーションも最新の状態にしておくことが重要である。多くのアプリケーションには、アップデートの有無を定期的にチェックし、利用可能なアップデートがあればユーザーに通知するという機能が搭載されている。そうなっていないアプリケーションがあなたのMacにインストールされているのであれば、愛用しているRSSリーダーにMacUpdateというウェブサイトを登録しておくことで、新たなソフトウェアがリリースされた際に通知を受け取ることが可能になる。また、MacUpdateに年間購読料を支払うことで、こういった通知を電子メールで受け取ったり、同社のデスクトップアプリケーションを利用できるようにもなる(このアプリケーションは、インストールされているアプリケーションをチェックし、最新ではないものを指摘してくれる優れものだ)。

#3:アクセス権の修復を行う

 アクセス権の修復を行うには、ディスクユーティリティを起動し、起動ディスクを選択した後、[ディスクのアクセス権を修復]をクリックする。(OS X 10.6.3から10.6.4へのアップグレードといった)大規模なシステムアップグレードの前後にはアクセス権の修復を行うようにするとよいだろう。またディスクユーティリティでは、[ディスクを検証]ボタンをクリックすることで、ハードディスクをスキャンし、ファイルシステムの整合性を検証することもできる。これによって問題が発見された場合、インストールディスクもしくは複製しておいたディスク(ここでもSuperDuper!が活躍する)からシステムを起動したうえで、ディスクユーティリティを使用して修復作業を行うことになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]