編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

サイベース、DWH用データベース最新版「Sybase IQ 15.2」を発表

ZDNet Japan Staff

2010-10-14 21:15

 サイベースは10月14日、データウェアハウス(DWH)用データベース(DB)の最新版「Sybase IQ 15.2」を、同日より出荷開始すると発表した。同製品は、大量データの保存および高速な分析を実現するデータベースとしての導入実績を持つ。

 最新版となる「Sybase IQ 15.2」では、ウェブアプリケーションのバックエンドシステムとして親和性の高い分析環境を実現しているという。強化点としては、Python、Perl、PHP、ADO.net、OLEDBといったプログラミング言語へのサポートが拡張された。開発者は、迅速にプロトタイプモデルの開発およびテストが可能となり、分析アプリケーションのウェブへの展開が容易になるとしている。

 また、異種DB間でのデータ移動を行う「Sybase Replication Server」と組み合わせて「リアルタイムローディング」を行うことで、様々な情報への迅速なアクセスと分析が可能となるほか、データの移動や制限によって利用できなかったデータソースに、即座にアクセスできる「クエリ連携」機能が追加された。

 今回のバージョンより、各種オプションが利用可能な「Enterprise Edition」においては、物理マシン上にある複数CPUの一部分に対してライセンスを行う「サブキャパシティ・ライセンス」が適用される。これにより、コア単位でのライセンス利用が可能となった。

 価格は従来バージョンから変更はない。Sybase IQ Enterprise Edition(全プラットフォーム共通)が1コア当たり1008万円。マルチコア・スケーリング導入後の価格は、Solaris(SPARC)、IBM AIX、HP-UX、Linux on Powerが1コア当たり756万円。Windows、Linux(on Power以外), Solaris(UltraSPARC T、x64)が1コア当たり504万円。Sybase IQ Small Business Editionが1CPU当たり840万円より。価格はいずれも税別となる。

 Sybase IQ Small Business Editionについては、11月1日から2011年3月18日までの期間、特定の利用条件においてライセンスおよびサポート価格を64%割引するキャンペーンを実施する。条件等、キャンペーンの詳細については、同社サイトを参照のこと。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]