編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

三菱UFJリース、基幹システムのインフラを仮想化機能を活用して刷新へ

ZDNet Japan Staff

2010-11-01 16:40

 三菱UFJリースは11月1日、基幹システムのインフラを刷新すると発表した。新システムは2011年5月の稼働を目指す。インフラ刷新に当たっては、三菱電機インフォメーションシステムズ(MDIS)が設計、構築をとりまとめ、日本IBMが仮想化機能を備えたサーバおよびストレージ装置を提供する。

 三菱UFJリースは、中期経営計画における経営基盤強化戦略の一つとして、IT戦略の強化に取り組んでいるという。今回の基幹システムのインフラ刷新はその取り組みの一環となる。インフラ刷新による経営基盤の強化、高度化を図ることで、グループ全体の生産性向上と更なる情報の共有化、新しい商品サービスの開発と提供を推進するとしている。

 同システムでは、IBMの最新高速汎用プロセッサ「POWER7」を搭載するサーバ「IBM Power 795」を採用。その仮想化機能によって、現在、三菱UFJリースが保有する26台の基幹Unixサーバを7台に統合する。また、データ量増加への対応と、高信頼性、高速処理性能を実現するために、IBMのストレージ仮想化技術である「IBM System Storage SANボリューム・コントローラー」を活用して複数のストレージ装置(「IBM XIV Storage System」および「IBM System Storage DS8700」)を1つの装置として扱えるようにし、三菱UFJリースグループ各社の基幹システムが取り扱うデータを一元的に管理するという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]