エンバカデロ、「ER/Studio XE 日本語版」--管理効率化でコスト最適化

大川淳 2010年12月01日 10時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エンバカデロ・テクノロジーズは、データモデリングツールの新版「Embarcadero ER/Studio XE日本語版」を発表した。今回の最新版では、クラウド技術を活用して、ツールの供給やライセンスを管理できる「Embarcadero ToolCloud」を備えた。また、データベースサポートを拡張し、新たにNetezzaにも対応した。12月中旬から出荷を開始する。

 ER/Studio XEは、データベースとアプリケーションの分析、可視化、コミュニケーションを支援するモデリングソリューションだ。既存のデータベースからのリバースエンジニアリング、分析、最適化などを実行でき、データ設計の標準化と品質向上、生産性向上を図ることができる。

 今回の最新版では、対応データベースをさらに拡張しており、Oracle Database、IBM DB2、Sybase、Microsoft SQL Server、InterBase、Teradata、MySQL、PostgreSQL、Hitachi HiRDBなど主要なデータベースプラットフォームに加え、Netezza 4.6および同5.0に対応した。データベースから直接スキーマ情報を取得して物理/論理モデルを作成し、変更を複数のプラットフォームのデータベースに反映させることができる。

 OSは、32ビット版および64ビット版のWindows 7を新たにサポートした。従来のWindows XP、Windows Vistaにも対応している。

 この最新版の目玉といえる「Embarcadero ToolCloud」は、企業内のイントラネット環境に製品の供給とライセンス管理を担うサーバを設け、管理を集中化、効率化することを目指す機能だ。管理者は、ライセンス管理を一元化することで不正使用を防止できるとともに、余剰ライセンスを有効に再利用することができるためコストの最適化も図ることができる。また、エンドユーザーは、同一製品の複数バージョンにアクセスできるため、業務に必要なツールを迅速に利用できるようになる。

 この機能により、企業は内部で効率的にライセンスを割り当てて、ツールを利用することが可能になる。従来、開発プロジェクトでは、プロジェクトごとにツールを導入することが通例で、その結果、プロジェクトが終了しても使用されないライセンスがそのまま残ってしまったり、ライセンスの使用状況を把握するのに時間とコストがかっていた。

藤井等氏 エンバカデロ・テクノロジーズ 日本法人代表 藤井等氏

 エンバカデロ・テクノロジーズ 日本法人代表 藤井等氏は「ToolCloudのライセンス一元的管理の実現により、企業は保有しているライセンスをプロジェクトに割り当て、終了後に別プロジェクト用に再割り当てできるため、ライセンスの利用を最適化し、追加のコストを抑えることができる」と話す。

 ToolCloudは、基本的にはサーバから各種ツールを供給する形式だが、いわば「ソフトの貸し出し」が可能で、一時的なオフラインでの使用もできる。また、USBメモリなどを用い、完全なオフライン環境でも使用できるなど、多様な使用形態を用意している。

ジェイソン・ティレ氏 ジェイソン・ティレ氏

 データ設計の需要は、従来のRDBMSからデータウェアハウスにも及び、さらに幅広くなってきた。Embarcadero Technologiesでモデリング/設計ソリューション担当ディレクターを務めるジェイソン・ティレ氏は、「企業の扱うデータは急激に増加している。それに伴い、データ分析を必要とする人々も増える。分析は、戦略上というよりオペレーション上でも求められていている」と語る。

 今回、ER/Studio XEはNetezzaをサポートし、今後もより広いプラットフォームに対応する意向。藤井氏は「今後、クラスプラットフォームが重要になる。企業の買収合併が増え、複数システムの連携が求められる。企業内でも、部署を横断したシステム利用が多くなっている」と指摘、クラスプラットフォーム対応やToolCloudを軸に、多様化する需要に対処していくことで、販売を拡大させる考えを示した。

 ER/Studioには、目的別に4つの製品エディションが用意されている。「ER/Studio XE」は、プロセスモデリングからデータモデリング、アプリケーションモデリングまでを担い、マルチプラットフォームデータベースをサポートする。ToolCloudを標準搭載し、組織全体に渡ってモデルやメタデータを共有することができる。価格は96万円(税別)から。

 「ER/Studio Enterprise」は、単一プラットフォーム向けのモデリングソリューションで、プロセスモデリングからデータモデリング、アプリケーションモデリングまでをカバーしている。価格は26万円(同)から。

 「ER/Studio Data Architect」は、データモデリングをサポートしており、接続できるデータベースの種類に応じて、単一プラットフォーム版とマルチプラットフォーム版を用意している。価格は18万円(同)から。

 「ER/Studio Business Architect」は、BPMNに準拠したプロセス/概念モデリングツール。価格は14万円(同)から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]