編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NEC、Swisscomと共同でオランダのホテルチェーンにコミュニケーションサービスを提供

富永恭子(ロビンソン)

2011-01-17 15:40

 NECは1月17日、スイスの大手通信事業者であるSwisscom AG(Swisscom)と共に、オランダを拠点とするグローバルホテルチェーン「citizenM Hotel Group」に対して、クラウドによるコミュニケーションサービスを提供したことを発表した。

 同サービスは、NECのユニファイドコミュニケーションシステム「UNIVERGE Sphericall」と、Swisscomのグループ会社であるSwisscom Hospitality Serviceが提供するプロパティマネジメントシステム(PMS)とを連携し、ホテル向けのフルマネージドサービスとして提供するものだという。

 同サービスでは、NECの欧州における企業向けネットワーク事業の拠点であるNEC Unified Solutionsが、IP電話の機能をSaaSとして提供する。また、Swisscom Hospitality Serviceは、これらの機能と同社の提供するPMSや通話課金システムを連動し、citizenM Hotel Groupが英国グラスゴーに新設したホテルに対してクラウドサービスとして導入を行った。あわせて、データセンターからホテルまでの通信回線も提供しているという。

 同サービスのIP電話システムは、NECグループのデータセンターにUNIVERGE Sphericallを設置、運用するため、ホテルはIP電話機を導入するだけで、館内の音声ネットワークを整備することが可能だという。これにより、IT投資や機器設置のスペース、および運用コストの削減に貢献できるとしている。また、標準的なウェブインターフェースを提供しており、PMSや課金システム等の他のアプリケーションと容易に連携できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]