編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

NECとレノボ、将来的にPC事業以外での連携も--合弁会社設立会見より

藤本京子(編集部)

2011-01-27 23:15

 NECとLenovo Groupは1月27日、両社の出資による合弁会社「Lenovo NEC Holdings」を設立すると発表、19時より緊急記者会見を開催した。

 両社は6月中をめどに「NEC レノボ・ジャパン グループ」を発足。グループの発足にあたりNECはLenovoが新規発行する1億7500万ドル相当の株式を引き受ける。Lenovo NEC Holdingsは同グループの持ち株会社となり、100%子会社として現NECパーソナルプロダクツのPC事業を分離して設立する新会社「NECパーソナルコンピュータ株式会社」と、現在のレノボ・ジャパンが傘下に入る。

遠藤氏 NEC 代表取締役 執行役員社長 遠藤信博氏

 NEC 代表取締役 執行役員社長の遠藤信博氏は、Lenovoとの提携により「両社の開発連携で製品力が強化されることはもちろん、スケールメリットによる価格競争力もつく。また、NECのビジネスPCの海外展開が拡大できるといった効果もある」と述べた。

 一方、Lenovo Group 最高経営責任者(CEO)のYuanqing Yang氏は、「NECは日本のPC市場でリーダー的な存在。ブランド力も高く、Lenovoの日本におけるブランドイメージの向上とカスタマーベースの拡大につながるだろう。LenovoのThinkPadは、IBM時代にもともと日本の大和研究所にて開発された製品で、日本に根付いている。今回の提携は、われわれが日本市場によりコミットすることを示している」とした。

 Lenovoは、2005年にIBMからPC事業を買収し、ThinkPadブランドを手に入れた。Yang氏は「われわれはIBMからPC事業を買収した際、別々の会社をひとつにまとめた経験がある。うまく企業を統合する経営の必須条件も心得ており、今回の合弁会社もスムーズにいくだろう」としている。

 合弁会社設立後も両社は製品ブランドを維持し、国内PC事業の顧客サポートや製品供給、製品保証などの業務も従来どおり継続する。個人向け製品はNECパーソナルコンピュータとレノボ・ジャパンがそれぞれの製品を販売し、NECブランドの企業向け製品の販売は今後もNECが担当する。

Yang氏 Lenovo Group 最高経営責任者 Yuanqing Yang氏

 今後両社は、PC事業のみならず、タブレット端末などの開発や生産、販売に関する協力、およびサーバなどITプラットフォーム製品の販売協力などにおいても事業連携を検討するという。「まずはこの合弁会社を成功させることが先決だが、今後は他の分野でも協力できるだろう」とYang氏は述べ、携帯電話端末などの分野での提携についても「可能性はある」とした。

 今回の提携では、NECパーソナルプロダクツのPC事業部のみが分社化され、NECパーソナルコンピュータへと移行することになる。その他事業部について遠藤氏は「PC事業がなくなることで再編成の必要が出てくる可能性はある。今後の編成については、実際に合弁会社が動き出してから最適な配置を考えたい」としている。ただし、ユビキタス事業開発本部については、すでにNECへの移管が決まっているという。

 新合弁会社では、現NECパーソナルプロダクツ 代表取締役執行役員社長の高須英世氏が社長に、現レノボ・ジャパン 代表取締役社長のRoderick Lappin氏が会長に就任する予定。高須氏は「Lenovoの調達力と開発力を最大限に活用し、今まで以上に顧客のニーズに合致した製品を作りたい」とし、Lappin氏は「NECの日本市場に対する高い知識や製品水準と、グローバル市場でプレゼンスの高いLenovoの強みを生かし、顧客に魅力的な製品をより競争力のある価格で提供できる」と述べた。

NEC&Lenovo 笑顔で握手を交わすLenovo GroupのYang氏(左)とNECの遠藤氏(右)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]