編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

富士通のパブリッククラウドにRed Hat Enterprise Linuxが対応

ZDNet Japan Staff

2011-02-10 14:52

 レッドハットは2月9日、富士通のパブリッククラウドサービス「オンデマンド仮想システムサービス」において、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)がゲストOSとして利用可能になったことを発表した。

 富士通が提供するIaaS「オンデマンド仮想システムサービス」では、サーバ、ストレージ、ネットワーク、セキュリティ機能などのITインフラとパートナー企業のソフトウェアが、システム構成テンプレートに基づきネットワーク経由で仮想的に提供される。

 レッドハットでは、同サービスでRHELが提供されることによって、両社の高レベルのサポートを持つインフラを利用することが可能になるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]