編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

クラウドバックアップサービス「BackStore」3カ月無料--沖縄でデータ保存

田中好伸 (編集部)

2011-03-23 20:14

 ねこじゃらしは3月22日、東日本大震災の災害復旧支援の一環としてクラウドバックアップサービス「BackStore」の3カ月間の期間限定で無料で提供することを発表した。容量は10Gバイトで、6月21日まで無料で利用できる。3カ月以降は有償プランに移行することも可能だ。

 希望プランで「震災用特別プラン」を選択することで利用できる。震災用特別プランは、データの保存先が沖縄の1カ所に制限される。申込状況によっては、データ転送速度が制限される場合があるという。

 BackStoreは免震構造や無停電電源装置(UPS)、24時間365日の有人監視設備を備えた、沖縄のデータセンターにデータを遠隔バックアップするサービス。地震係数が低いという沖縄は大都市圏から物理的に離れていることで、データの退避先として最適という。

 分散リスクモデルに基づいた世代管理や、ブロックレベルの重複排除機能を搭載し、WindowsやMac OS X、Linuxのマルチプラットフォームで動作する。専用ソフトウェアを一度インストールすれば、バックグラウンドで自動的に遠隔地にバックアップを取りつづけるという簡単なインターフェースで面倒な設定や管理は必要ないとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]