編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

解説:Ubuntu 11.04の新デスクトップ「Unity」

海上忍

2011-05-09 10:30

 「Natty Narwhal」ことUbuntu 11.04は、新しいデスクトップとして「Unity」を採用した。ネットブックをも視野に入れた新デスクトップがどのようなものか、その概要と実際に試用した感想をご報告したい。

 なお、Ubuntu 11.04のインストール方法は、「Ubuntu 11.04インストールガイド」を参照頂きたい。

Unityの概要と動作スペック

 Unityは、4月末に定例アップデートされたUbuntu 11.04(Natty Narwhal)に正式採用されたデスクトップインターフェースだ。GNOMEやKDEのように大量のアプリケーション群は伴わないが、GTK+ APIを中心としたGNOMEデスクトップ環境下で動作するソフトウェアであり、3Dウインドウマネージャ「Compiz」のカスタマイズ版と位置付けられる。ちなみに、開発主体はUbuntuを主宰するCanonical社だ。

 これまでUbutuは継続してGnomeを採用してきたが、Canonicalは前バージョンのUbuntu 10.10からネットブック向けにUnityを導入、今回のNatty Narwhalではそれを大幅にブラッシュアップしてデスクトップ向けにも標準のGUIとして投入してきた。グラフィックチップが動作条件を満たす場合はUnityが起動し、満たさない場合は従来どおりGnomeが起動(クラシックモード)するしくみだ。

ついにUbuntuの正式なデスクトップとして採用された「Unity」※クリックで拡大画像を表示 ついにUbuntuの正式なデスクトップとして採用された「Unity」※クリックで拡大画像を表示

 Unityの動作条件は表1のとおり。Ubuntu 11.04インストール後であれば、ターミナルエミュレータから「/usr/lib/nux/unity_support_test -p」を実行すると、その環境がUnityに対応しているかどうかを確認できる。非対応の場合には、前述したとおりクラシックモードを選択するか、別途Ubuntuソフトウェアセンターから「Unity-2D」を追加インストールすることになる。

表1:Unityの動作条件
OpenGLv1.4以降
ビデオメモリ128MB以上
テクスチャ解像度垂直/水平が2048
必要なエクステンションFramebuffer Object、Rectangle Textures、Non power of 2 textures、Vertex programs、Fragment programs、Buffer objects、GLSL shader support
Unityを実行できる環境かどうかをチェック※クリックで拡大画像を表示 Unityを実行できる環境かどうかをチェック※クリックで拡大画像を表示

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]