オラクル運用管理ツール新版--クラウド対応を強化、ライフサイクルで管理

田中好伸 (編集部) 2011年11月10日 12時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは11月9日、統合運用管理ツールの新版となる「Oracle Enterprise Manager 12c」を12月6日から提供すると発表した。同社ソフトウェア製品群の中で「12c」の名前が初めて付く製品になる。「c」はクラウド対応製品の提供で同社が大規模な投資をしていることを表している。

 Enterprise Manager 12cではシステムの管理を新しいコンソール「Oracle Enterprise Manager Cloud Control」に一元化し、クラウドのライフサイクル全体を独自に管理する機能が実装されている。主な機能は、統合、キャパシティプラニング、セルフサービス、テスト、監視、測定、チャージバックなどだ。

 クラウドの管理者や利用者は、Enterprise Manager Cloud Control上でIaaSやPaaS、Database as a Service(DBaaS)やMiddleware as a Service(MWaaS)、SaaSを任意に組み合わせてビジネスサービスを作ることができるという。エンタープライズクラウドの計画から導入、管理、利用に携わるすべての関係者にウィザード主導型のロールベースの機能も提供する。

 Enterprise Manager 12cでは、システム設計者、クラウド管理者、アプリケーション開発者と管理者、データベース管理者、営業部門、管理部門、財務部門を支援するとして「クラウド計画ツール」「共有プールとシステムリソースの自動設定」「ビルトインセルフサービス」「包括的メータリング/チャージバック」といった機能を提供する。

 クラウド計画ツールでは、システム設計者やクラウド管理者がリソースを有効活用するための、クラウド環境のモデル化が可能だという。容量と統合計画が提案されたり、自動化されたワークフローに沿って実行されたりすることで、クラウドの展開が容易になるとしている。

 共有プールとシステムリソースの自動設定では、クラウド管理者によるリソースの一元管理、リソース利用に関するルールや特権、ポリシーなどの定義が可能になる。管理が容易になると同時にサービス品質も確保できるとしている。

 ビルトインセルフサービスは、担当者とアプリケーション開発者によるクラウドへのアクセスを可視化できるという。利用者はセルフサービスポータルを利用して、サービスカタログ情報からのサービスの発注、要求されたサービスの管理と監視、チャージバックの情報の入手といったことも可能になるとしている。

 メータリング/チャージバックの機能を活用すれば、財務担当者やIT管理者、サービスプロバイダーなどがサービス利用料金や料金を測定できるようになる。この機能では複数のチャージバックの仕組みも提供される。あらかじめ設定された「Oracle Communications Billing and Revenue Management」と統合することで、包括的に請求書発行機能も提供されるという。

 Enterprise Manager 12cはまた、クラウド関連機能をハイパーバイザ「Oracle VM 3.0」と仮想マシン(VM)群の作成ツール「Oracle Virtual Assembly Builder」と統合することで、VMの管理がしやすくなっている。Virtual Assembly Builderはウェブサーバ層、アプリケーションサーバ層、データベース層にまたがるシステム全体の仮想マシン群を作成、構成、プロビジョニングできるツールだ。

 Oracle VM 3.0との統合では、管理者がVMやリソースプールなどを組み込んだクラウド環境を自動的に計画、プロビジョニングすることが可能という。Virtual Assembly Builderとの統合では、アプリケーション開発者がセルフサービスを利用するエンドユーザーのために複数層にわたるアプリケーションのモデル化とパッケージングを支援するとしている。

 Enterprise Manager 12cでは、同社の開発コンセプトである“Engineered Systems”によって、同社アプリケーションソフトウェアに自動機能を提供する。アプリケーションソフトウェア群の「Oracle Fusion Applications」にあわせた設計となっており、Fusion Applicationsの健全性と可用性を確保する機能が提供されるという。統合基幹業務システム(ERP)ソフト「Oracle JD Edwards EnterpriseOne」と顧客情報管理システム(CRM)「Oracle Siebel CRM」管理スイートが認証されている。

 ミドルウェア群「Oracle Fusion Middleware」への管理機能もEnterprise Manager 12cでは強化されている。自動根本原因解析やプロアクティブな推奨アクションの提示といった、自己管理機能が追加されている。IT管理者やアプリケーション管理者は、より多くのアプリケーションを簡単に追加できるようになると説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算