編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

シュナイダーエレクトリック、新社長にモンディ氏が就任

ZDNet Japan Staff

2012-01-13 17:43

 シュナイダーエレクトリックは1月13日、Arnaud Mondi(アルノ・モンディ)氏が1月1日付けで代表取締役社長に就任したことを発表した。

 Mondi氏は1964年生まれの47歳。1988年にフランスの国立中央理工科学校リヨン校(Ecole Centrale de Lyon)の電気工学部を修了。前年の1987年4月から1年間は京都大学 電気工学部の研究生だった。

アルノ・モンディ氏
アルノ・モンディ氏

 卒業後はSchneider Electricが全額出資する日本テレメカニックに入社。以後、仏Schneider Automation SA、シュナイダーエレクトリック(東京)、仏Schneider Electricなどでマーケティングや事業戦略の要職を歴任してきた。

 また、シュナイダーエレクトリックホールディングスの全額出資会社であるアローでは代表取締役社長を、富士電機グループとシュナイダーエレクトリックグループとの合弁会社である富士電機機器制御では副社長を歴任。2009年にはシュナイダーエレクトリックエンジニアリングとシュナイダーエレクトリックホールディングスの代表取締役社長にも就任していた。

 シュナイダーエレクトリックの旧社名は、無停電電源装置やデータセンター向けの冷却装置の大手であるエーピーシー・ジャパン(APCジャパン)。2011年10月に社名を変更した。直近では、APCジャパンが強みとしていた領域に加え、建物全体のエネルギー管理を実現する製品やサービスに力を入れている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]