編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

NTTデータ、数理システム買収--ビッグデータ事業強化、100億円目指す

田中好伸 (編集部)

2012-02-15 17:03

 NTTデータは2月15日、数理システムを完全子会社化すると発表した。数理システムの技術力やビジネスアナリティクス(BA)人材のノウハウを活用して、ビッグデータ活用技術の確立を目指す。

 NTTデータは数理システムと株式譲渡契約を2月13日に結んだ。2月15日に数理システム株式を80%取得、2013年6月下旬をめどに数理システム株式を100%取得して、完全子会社化する。

 非上場の数理システムは1982年4月に設立、創業者の山下浩氏が代表取締役社長を務めている。従業員81人中約70人がBAに精通しているという。BA分野のパッケージソフトウェアの開発と販売、分析コンサルティング事業なども展開している。

 BAに不可欠なデータマイニングや数理最適化などの分析ロジックの構築、実装力に強いという数理システムを子会社化することで、NTTデータは、高度な技術や専門知識がある人材を獲得して、BA分野を強化していく。

 両社の強みをあわせることで、渋滞予測や配送経路最適化、スマートグリッドでの、ピーク需要に応じた電力需給の自動調整などの差異化技術を確立していくとしている。BA分野で2017年3月末までの累積で100億円規模のビジネスを創出していくと説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]