MemsONEコンソーシアム、統合型MEMS用設計解析支援システム「MemsONE」Ver.3.0をリリース

富永恭子(ロビンソン) 2010年01月20日 18時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MemsOneコンソーシアムは1月20日、MESM用設計解析ソフトウェア「MemsONE」Ver.3.0の販売を開始したと発表した。

 MemsONEは、経済産業省/NEDO技術開発機構の「MEMS用設計・解析支援システム開発プロジェクト」において開発されたMEMS設計特化型の、国内初の統合型シミュレーションシステム。同コンソーシアムは、MemsONEの本格的な普及を目的にマイクロマシンセンター、みずほ情報総研、日本ユニシス・エクセリューションズ、数理システムにより構成され、2008年2月14日に結成された。

 MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)は、電気回路(制御部)と微細な機械構造(駆動部)を融合し、半導体製造技術やレーザー加工技術など各種の微細加工技術を用いて、ひとつの基板上に集積させた微小電気機械システムの呼称。主にインクジェットプリンタのヘッド部にある微小ノズルや圧力センサ、加速度センサ、流量センサなどに活用されているという。

 また今後は、情報通信、医療、バイオ、自動車、ロボット、航空、宇宙、福祉など多様な分野における小型、高精度で省エネルギー性に優れた高性能のキーデバイスとして期待されており、国内製造業における基幹部品の国際競争力強化などの観点から重要な分野だとされている。

 MemsONEは、このMEMSの設計開発に必要となる3次元モデラー、薄膜に適したメッシャー、マスクCAD、構造、機構、電磁場、熱伝導、ナノインプリントなどの基本的な数値解析機能を備えた「機構解析シミュレータ」、MEMS加工プロセスを総合的に検証、評価する「プロセス解析シミュレータ」などを備えている点が特長だという。

 今回発売するMemsONE Ver.3.0では、モデリング機能やメッシュ分割機能の強化、電界解析における境界要素法解法の追加、回路シミュレーション機能の強化により解析精度が向上し、複合化するMEMSデバイスの設計開発を効率よく行うことが可能だとしている。

 2009年2月に販売を開始したMemsONE Ver.2.0は、これまでに約60機関で採用され、出荷ライセンス数は約200。今回のMemsONE Ver.3.0の出荷により、今後1年間で120機関、400ライセンスの普及を目指すという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算