編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IAサーバ「ProLiant」新世代機--導入から監視、運用を“自働化”

田中好伸 (編集部)

2012-03-30 15:54

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は3月29日、同社のIAサーバ「ProLiant」シリーズの新世代機「HP ProLiant サーバー Generation 8(Proliant Gen8)」を発表した。同日から販売されている。価格は21万4200円から。

 Proliant Gen8は導入から監視、運用、保守といったライフサイクル全般で“自働化”を実現するという設計コンセプト「HP ProActive Insightアーキテクチャー」を実装。同アーキテクチャを実現する中核技術として、サーバ内蔵の管理システムの新版「HP iLO マネジメント(iLO)」を標準搭載している。

 iLOは、これまでのリモート管理や電源管理・制御といった機能に加えて、導入や維持更新の作業を短縮できる「インテリジェント・プロビジョニング」機能、OSに依存しない「エージェントレス管理」機能、OS動作に依存せずに自動でダイアログやログを記録する「アクティブヘルスシステム」などの機能も搭載している。

 インテリジェント・プロビジョニングは、OSインストールに必要な各種ファームウェアやドライバ、ツール類とセットアップツールを内部実装。各種ソフトウェアやドライバのダウンロードやインストールなどの手順を省略することで、サーバのセットアップ時間を短縮できるという。すべてのファームウェアをオンラインで1ステップで更新できるとしている。

 エージェントレス管理は、OS上にエージェントを導入しなくても、iLO自身がハードウェアを監視する。OSやメインCPUと独立したハードウェア監視でシステムへの負荷を排除しているという。アクティブヘルスシステムは、正常稼働か故障時を問わずに1600項目のハードウェアログ、イベントログを自動で記録する。電源ケーブルを挿した直後から自動で診断を実行し、ログを取ることで障害発生時の原因特定の迅速化を支援できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]