編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

7月9日からネットが使えない“ブラックアウト”に--30万台以上がいまだ感染

田中好伸 (編集部)

2012-06-25 13:27

 7月9日からインターネットにアクセスできなくなる――。

 会社を辞めるわけでもなく、ISPへの料金を滞納しているわけでもない。なのに、ネットにアクセスできない“ブラックアウト”になってしまう。

 その理由はPCが「DNSChanger」と呼ばれるマルウェアに感染しているからだ。シマンテックが先週、このマルウェアについて解説している。

 DNSChangerは名前が示す通り、コンピュータのDNS設定を書き換えるマルウェアだ。DNSChangerは、ISPの正規サーバのアドレスから不正なDNSサーバのアドレスにDNS設定を変更する。DNSChangerは2007年頃から検出されており、その目的は経済的利益と指摘されている。作成グループは2011年に米連邦捜査局(FBI)に逮捕されているが、なぜこのマルウェアが注目されるのか。

 FBIは犯行グループが使っていたDNSサーバの代わりに正常なDNSサーバを配備して管理するよう、裁判所の命令を通じてISC(Internet Systems Consortium)に指示している。感染したコンピュータのユーザーが感染を除去するための時間の猶予を設けるためだ。

 だが、この措置はあくまでも一時的なものだ。裁判所の命令に従ってISCが運用するサーバは、7月9日に停止する予定になっている。その日を過ぎると、感染を除去していないコンピュータはネットにアクセスできなくなってしまうのである。

 7月9日以降にDNSChangerに感染するPCは、一部のサイトにアクセスできなくなるのではなく、ネットへの接続は完全に断たれることになる。FBIの命令で用意されたサーバをポイントするDNSエントリを7月9日時点でまだ使っているコンピュータは、完全にネットにアクセスできなくなる。

 ウイルス対策ソフトで検出され、犯行グループも逮捕されている。では、DNSChangerによる被害はないのではないか。そう思われる読者も多いだろう。だが、最新の統計によると、FBIが管理している不正なDNSサーバには、今でも30万台以上のコンピュータがリダイレクトされているという。

 自分が使っているコンピュータがDNSChangerに感染しているかどうかをチェックするために「DCWG(DNSChanger Woking Group)」というグループが創設されている。このDCWGが運用するサイト「DNS Changer Check-UP」にアクセスすれば、感染しているかどうかが分かる。日本でもJPCERTが感染しているかどうかを判定する日本語のページを設置している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]