セールスフォースが「ソーシャルエンタープライズ」の使用を取りやめ

田中好伸 (編集部) 2012年09月05日 16時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Salesforce.comは米国時間9月4日、「ソーシャルエンタープライズ」の商標登録申請を取り下げることを明らかにした。同社のマーケティングでもこの言葉を使わないことも表明している。

 同社は過去2年間、企業と顧客、パートナー、従業員をこれまでとは違う形で結び付けることを可能にする技術を「ソーシャルエンタープライズ」という言葉で普及させてきた。今年初めには、IT分野で商標登録を申請している。

 この事態に対して、社会貢献の分野から「ソーシャルエンタープライズの意味について混乱を招く恐れがある」との懸念が出ていた。社会貢献の分野では「ソーシャルエンタープライズ」という言葉を、営利か非営利かを問わず、商業的戦略に基づいて貧困撲滅や教育向上などの人道的、もしくは環境上の課題解決を目指す組織として定義している。

 Salesforce.comは、こうした懸念を表明している関係各所と話し合いを続けてきたが、総合的に判断した結果、商標登録申請を取り下げることにした。同社はマーケティングツールとしても「ソーシャルエンタープライズ」を使用しない予定としている。同社の会長兼最高経営責任者(CEO)のMark Benioff氏が以下のようにコメントしている。

 「創立以来、社会貢献活動を広く支援しており、社会貢献の分野に混乱を起こすことは、まったく意図するところではない。このため、関係各所からのフィードバックを検討した結果、“ソーシャルエンタープライズ”の商標登録申請を取り下げ、今後マーケティングでも、この言葉の使用を取り止めることにした」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算