編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
アップルイベント9.12

うわさの「iPad mini」はどうなる?--価格や位置付けなど予測

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2012-09-11 07:30

 Appleがフルサイズ版「iPad」の売上に影響を与えない「iPad mini」を作り出すことは可能だろうが、それは前の世代のテクノロジを用いるということを意味しているのかもしれない。

 米国時間8月15日、ZDNetのJames Kendrick氏はAppleがiPad mini(ちなみに同氏は、この製品をiBookだと称している)で世界を揺るがす可能性のあることを示唆した。Appleはこの製品を適切な価格で市場に送り出すことができるのだろうか?

 では、この疑問について考えてみることにしよう。

Appleeタブレット

 筆者はiPad miniというアイデアについて諸手を上げて賛成しているわけではなく、その存在価値はGoogleやAmazonといった企業が7インチディスプレイを搭載したAndroidタブレットである程度の成功を収めているという点にしかないと考えている。つまり、AmazonとGoogleが7インチのデバイスを用意しているのであれば、Appleも対抗製品を用意しなければならないというわけだ。

 iPad miniの問題はその価格になるだろう。「新しいiPad」の価格は基本モデルで499ドルからとなっており、「iPad 2」は399ドルからとなっている。このため、既にiPad 2と新しいiPadという製品があるなか、iPad miniが市場で競合していくには、その価格を299ドル以下に設定するのが望ましい。

 ここで、iPad 2や新しいiPadについて、iSuppliが作成した2012年3月時点での部品価格表を見てみることにしよう。

新しいiPadの部品構成表(BOM)に基づくコスト分析(概算)
新しいiPadの部品構成表(BOM)に基づくコスト分析(概算)
提供:Nickolay Lamm/InventHelp, iSuppli.

 新しいiPadをベースにスケールダウンするという戦略では、採算に合わなくなるという問題が持ち上がってくるはずだ。より小さなiPadの製造コストがフルサイズ版iPadのそれよりも20%安くなったとしても(部品価格は3月時点よりも安くなっているはずだ)、このデバイスの部品コストと組立コストの合計だけで250ドル前後になってしまうだろう。

 にわかには信じられないかもしれないが、iPadを小さくしてもその価格はさほど安くはならないのである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]