編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視
トップインタビュー

Ultrabookで新たな市場の創造をねらう--インテル 吉田社長

大河原克行

2012-11-08 12:00


 Ultrabookが発売されてから約1年を経過した。

 積極的なテレビCMの効果もあり、世の中には徐々にUltrabookの名前が浸透しはじめているが、ノートPC市場全体に占める構成比は約1割とまだ低い。しかし、Windows 8の発売を境に、様々な形状のUltrabookが登場。Windows 8搭載PCという新たな市場をリードしはじめている。

 インテルの吉田和正社長は、「Windows 8の発売によって、Ultrabookに対する注目がさらに高まっている」と、その手応えを口にする。

 各界のエグゼクティブに価値創造のヒントを聞く連載「ZDNet Japan トップインタビュー」。吉田社長にUltrabookについて話を聞いた。

--Ultrabookの登場から1年を経過しましたね

 私自身、この1年の取り組みには強い手応えを持っています。

 確かにノートPC全体に占める構成比はまだ低く、当初、私が抱いた大きな期待値からも下回ってはいますが、PCメーカー各社のそれぞれの製品戦略のなかで、Ultrabookが少しずつラインアップを広げ、線から面への展開へと広がってきた。インテルとパートナーが「両想い」でUltrabookに取り組む体制が、確実に整ってきたといえます。

--そもそもインテルがUltrabookの規格を提案した理由はなんですか

 確かに、なぜインテルのような会社が、Ultrabookのようなスペックを提案するのかという指摘があります。しかし、もしUltrabookの提案がなかったら、いまのPC市場はどうだったか。その点では、UltrabookはPC市場の活性化に大きく貢献したといえます。

 これはインテルの方針でもあるのですが、インテルは単にCPUを提供するベンダーではなく、新たなライフスタイルやワークスタイルを提案し、それに向けてパートナーとともに市場を創造していく役割を担いたいと考えています。かつては無線LANを活用してモバイル環境でのPC利用を提案する「Centrino」を打ち出し、これがいまやPCの標準的な利用シーンとなっています。当時は、なかなかこの利用シーンが理解されなかった。

 Ultrabookも新たなPCのフォームファクターを提案したものだといえます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]