編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

海外拠点の経営情報を集約、ガバナンスとスピードを向上させる--ディーバとB-EN-Gが協業

ZDNet Japan Staff

2012-11-21 13:59

 ディーバと東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)は11月21日、グローバル事業支援で協業したことを発表。B-EN-GのERP「A.S.I.A.」の販売でパートナー契約を締結した。

 ディーバは自社の連結会計システム「DivaSystem」とあわせてA.S.I.Aも販売することで、ユーザー企業の海外拠点の経営情報を効率よく収集できる「グローバル連結業務システム」を提供する。DivaSystemとA.S.I.Aは、これまでもデータベースレベルでの自動連携を実現していたが、今回の協業によって、ユーザーは会計システムとERPをワンストップで導入できるようになる。

 また、販売、購買、在庫データも収集するデータウェアハウス基盤「DivaSystem GEXSUS」とA.S.I.Aを連携させることで、グループ全体の経営情報を可視化することも可能だとしている。

 ディーバでは初年度のA.S.I.Aの販売目標を10社と設定。特にアジア地域への進出が著しい製造業を中心に販売を進めていく考えだ。

 企業活動のグローバル化に伴い、日本企業は本社と海外拠点とのシステム連携に課題が多い。海外ローカルの経営システムおよびデータの可視化や、本社システムとの連携を進めなければ、ガバナンスとスピードの両面でITがビジネスの足を引っ張ることにもなりかねない。今回の両社の協業は、こうした課題を見据えてのものだといえる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]