編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

海外拠点の経営情報を集約、ガバナンスとスピードを向上させる--ディーバとB-EN-Gが協業

ZDNet Japan Staff

2012-11-21 13:59

 ディーバと東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)は11月21日、グローバル事業支援で協業したことを発表。B-EN-GのERP「A.S.I.A.」の販売でパートナー契約を締結した。

 ディーバは自社の連結会計システム「DivaSystem」とあわせてA.S.I.Aも販売することで、ユーザー企業の海外拠点の経営情報を効率よく収集できる「グローバル連結業務システム」を提供する。DivaSystemとA.S.I.Aは、これまでもデータベースレベルでの自動連携を実現していたが、今回の協業によって、ユーザーは会計システムとERPをワンストップで導入できるようになる。

 また、販売、購買、在庫データも収集するデータウェアハウス基盤「DivaSystem GEXSUS」とA.S.I.Aを連携させることで、グループ全体の経営情報を可視化することも可能だとしている。

 ディーバでは初年度のA.S.I.Aの販売目標を10社と設定。特にアジア地域への進出が著しい製造業を中心に販売を進めていく考えだ。

 企業活動のグローバル化に伴い、日本企業は本社と海外拠点とのシステム連携に課題が多い。海外ローカルの経営システムおよびデータの可視化や、本社システムとの連携を進めなければ、ガバナンスとスピードの両面でITがビジネスの足を引っ張ることにもなりかねない。今回の両社の協業は、こうした課題を見据えてのものだといえる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]