編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

NECや富士通など5社、ExchangeやSharePointなどをプライベートクラウドで提供

田中好伸 (編集部)

2012-11-27 15:10

 日本マイクロソフトは11月27日、国内ベンダー5社と「Partner Hosted Productivity Cloud(PHPC)」の契約を締結したことを発表した。11月末から順次、各社がそれぞれのデータセンターからサービスを提供する。

 PHPCは、サーバOS「Windows Server」や運用管理ツール「System Center」、メールサーバ「Exchange Server」、企業ポータル「SharePoint Server」、ユニファイドコミュニケーション基盤「Lync Server」などを中心にプライベートクラウドとして提供するサービス。今回契約したのはNTTコミュニケーションズ、NEC、日本ヒューレット・パッカード、日立システムズ、富士通の5社になる。これら5社がそれぞれサービスを提供。内容や料金は各社で異なる。

 マイクロソフトはメールやコラボレーション機能をパブリッククラウドとして「Office 365」を提供している。加えて、ユーザー企業のサービス水準契約(SLA)や利用形態のニーズに対応するために、PHPCを開始。PHPC提供各社は、それぞれの構築や運用技術、サポートでの強み、経験を活用したサービスをユーザー企業に提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]