編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

ソフトウェアAG、インメモリデータ管理ソフトウェアを国内販売へ

ZDNet Japan Staff

2013-03-15 10:13

 ソフトウェア・エー・ジーは3月14日、100%子会社でインメモリデータ管理ソフトウェアを提供するTerracottaの製品を国内でも販売すると発表した。

 同日開催した記者発表会で、インメモリデータ管理プラットフォーム「BigMemory」と次期製品「Terracotta in-Genius」などの製品戦略、顧客事例、アジアおよび日本国内おける販売戦略を明らかにした。

 国内におけるTerracotta製品の販売は、ソフトウェア・エー・ジーによる直接販売、パートナー販売、OEM販売の3つのチャネルを経由する。既に国内にユーザーもおり、2013年度は販売チャネル拡大を目指すという。

 TerracottaのBigMemoryは、数テラバイトのデータをインメモリに格納できるのが特徴。既に50万以上の企業で導入実績があり、2000社以上のグローバル企業で利用されている。

 発表会では、最新版である「BigMemory4.0」と、BigMemoryにCEP(コンプレックス・イベント・プロセッシング)、メッセージング機能とそれを監視するダッシュボード機能を加えた最新製品「Terracotta in-Genius」についても説明した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]