編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

経営層も営業社員も出先でERPデータを確認したい--ノークリサーチ調査

山田竜司 (編集部)

2013-07-08 20:55

 ノークリサーチは7月5日、中堅・中小企業におけるスマートデバイスからのERP活用関する調査結果を発表した。 「経営層や部課長職が外出先からスマートデバイスにより経営情報や申請文書を確認」、「営業社員が外出先でデータを参照する」といった場面での利用ニーズが多いと指摘した。

 実現したいこととして「経営層や社員が各種データの集計/分析結果をどこからでも確認できる」(39.6%)が最も多く、「上長が部下からの申請をどこからでも確認/承認できる」(25.0%)が続いた。


スマートデバイス導入の目的や課題

 経営層や部課長職が外出先から経営情報や申請文書を確認するといった活用シナリオは、スマートデバイスの登場から比較的早い段階でベンダーが提案してきたという。そのため、ユーザー企業でもこれらを想起する割合が高くなっていると分析している。

 また、「営業が外出中に訪問先の購入履歴やトラブル履歴を事前に参照する」(20.4%)、「営業が外出中に在庫確認や見積作成を行う」(16.8%)「営業が外出中に近隣の既存顧客を地図上に表示し、まとめて訪問する」(15.8%)など、営業社員による活用シナリオや「社員が外出先から勤怠入力や交通費精算を行える」など一般社員が利用する場面も挙がった。これは、ユーザーが外出先からスマートデバイスを使って必要な情報を入力するといった行動を前提にしている。

 ノークリサーチは「外出先での見積作成など、単なる閲覧だけでなく、入力を伴った活用シナリオでの利便性をどれだけ引き上げられるかが、今後のスマートデバイス活用の普及を大きく左右することが予想できる」とコメントしている。

 同調査は、年商5億から500億未満の国内企業1200社のERP導入企業の担当者を対象とし、2013年の4月から5月に行われた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]