編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ユニファイドコミュニケーション、自前からクラウドに移行--ウェブ会議が伸長

山田竜司 (編集部)

2013-10-28 19:12

  IDC Japanは10月28日、2013年1~6月の国内ユニファイドコミュニケーション(UC)/コラボレーション市場動向を分析、2013年の見込みと2013~2017年の予測を発表した。2013年の同市場は前年比2.5%増の2058億4100万円を見込んでいる。自前からクラウドに移行する傾向があると説明している

 IDCではUC/コラボレーション市場を、IP音声通信ソフト関連の「IPテレフォニー市場」、メールや映像会議などの「コラボレーティブアプリケーション市場」、IP通信ハード関連の「IPコンファレンスシステム市場」、コンタクトセンター関連の「IPコンタクトセンターシステム市場」に分類している。

 1~6月の国内UC/コラボレーション市場は、前年同期比1.1%増の1059億400万円。2012年から続いている企業の音声基盤の刷新需要が堅調に推移し、IPテレフォニー市場は前年同期比3.7%増とした。

 IPコンファレンスシステム市場は、映像会議システムの価格低下などにより減速。一方ウェブ会議サービスが成長し、高機能な映像会議などの自営システムから、簡易なクラウド型ウェブ会議への移行が見られたと説明した。移行の傾向はIPコンタクトセンターシステム市場、コラボレーティブアプリケーション市場でも同様に見られるという、

 IDCでは、国内UC/コラボレーション市場について2012~2017年の年平均成長率は2.7%、2017年には2292億6700万円に達するとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]