編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

日立、ユニファイドストレージ新製品--仮想化と遠隔複製で運用負荷を軽減

田中好伸 (編集部)

2012-09-27 16:31

 日立製作所はユニファイドストレージ「Hitachi Unified Storage VM」の販売を9月26日から開始した。価格は2902万2000円から。エンタープライズディスクアレイ「Hitachi Virtual Storage Platform」で培った技術を搭載している。

 Unified Storage VMは、ストレージデバイス仮想化機能「Hitachi Universal Volume Manager」とリモートコピー機能「Hitachi Universal Replicator」を搭載している。Universal Volume Managerを搭載することで、機種の異なるストレージのボリュームを1台のUnified Storage VMのボリュームとして最大64Pバイトまで一元管理でき、大規模システムへの対応と運用管理の負荷を軽減できるという。

Unified Storage VM

 データを移行する際には、異なる装置のボリュームをUnified Storage VMのボリュームとして同様に管理できる。既存のストレージからのデータ移行時のシステム停止時間を短縮できるという。

 ボリューム容量仮想化機能「Hitachi Dynamic Provisioning」やストレージ階層仮想化機能「Hitachi Dynamic Tiering」も搭載。Dynamic Provisioningはストレージの実装容量に依存せずに、サイズの大きな仮想容量を定義できる機能であり、オプションで提供されるDynamic Tieringはデータのアクセス頻度に応じて適切な記憶媒体にデータを自動で保存できる機能。これらの機能を活用することで、ボリュームや記憶媒体を効率的に利用できるとメリットを説明している、

 Universal Replicatorは、データ保護と災害復旧(DR)での目標復旧時点(RPO)の短縮を支援する機能。ストレージシステム間でのデータ複製をサーバによるデータ更新と非同期に行うことで、距離の離れた遠隔サイトでも、サーバの業務処理に影響を与えずに、データを複製できる。

 データ更新を更新の順序も含めてストレージ装置内の変更履歴(ジャーナル)ファイルに記録して、遠隔サイトに転送する方式を採用。これで、回線帯域の変動影響を受けにくく、データの更新順序を更新単位で保障した信頼性の高いデータ複製が実現すると強調している。

 Universal Volume ManagerとUniversal Replicatorは、大規模向けのVirtual Storage Platformに搭載されていた技術。今回ミッドレンジストレージに搭載することで、システム導入にかかるコストを抑えつつ、運用性と信頼性の高いデータ保護ができるようになるという。

 11月から提供されるオプションのファイルモジュールを導入すれば、ブロックデータとファイルデータを1つのシステムにまとめて格納できる。標準で搭載されるストレージハードウェア管理ソフトウェア「Hitachi Device Manager」でブロックとファイルという両方のデータを容量や利用状況を確認して割り当てられる。同一の画面から管理できる。複数のストレージ装置を使い分けて、データを管理し分ける必要がなくなり、運用管理の負担を軽減できると説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]