編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

EMCジャパン、統合ストレージのエントリモデルに新機種--SSDが搭載可能に

田中好伸 (編集部)

2012-10-01 13:49

 EMCジャパンは10月1日、ユニファイドストレージの新機種「VNXe 3150」の発売を開始した。税別価格は84万円から。SSDを搭載できる。

 VNXeシリーズは、ブロックデータを担うSANとファイルデータを担うNASを統合するユニファイドストレージのエントリモデルシリーズ。中堅中小企業向けに開発されている。部門ごとに乱立している分散ファイルサーバやストレージ環境を統合するユニファイド技術とデータの重複排除や圧縮の技術で、インフラと運用のコストを削減できるとメリットを強調している。

 今回発売となったVNXe 3150は、新しいクアッドコアのプロセッサを採用し、SSDを搭載できるようになっている。2.5インチのSSDドライブや3TバイトのニアラインSASドライブにも対応し、ラックユニットあたりのパフォーマンスと容量を50%向上できるという。

 最小構成モデルは、シングルストレージプロセッサ、300Gバイトの2.5インチSASドライブ(6本)、NFSやCIFS、iSCSIのプロトコルを標準で搭載するベースソフトウェアとなっている。これにベーシック保守と36カ月間のソフトウェア保守が提供される。

VNXe 3150

 同社はユニファイドストレージのミッドレンジ「VNX」シリーズに搭載するソフトウェアの新版の提供も始めている。ストレージプール内で複数のRAIDタイプを組み合わせることで、最大限の効率と保護環境を実現できるという機能を追加している。例えばフラッシュにはRAID 5を、ニアラインSASにはRAID 6といったように柔軟に組み合わせられるようになっている。

 新版ではまた、論理ユニット番号(LUN)あたり256の書込可能なスナップショットをサポートしている。最大でシステムあたり約3万2000のスナップショットに対応できると説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]