編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

データセンター、運用の継続的改善が重要--空調や電源などの包括的管理がカギ

山田竜司 (編集部)

2013-11-05 14:05

 IDC Japanは11月5日、国内データセンターでのインフラ管理の状況を調べた。サーバやスイッチなどのハードウェアだけでなく、空調や非常用電源などの設備も包括的に管理するソフトウェア“データセンター基盤管理(Datacenter Infrastructure Management:DCIM)”導入状況を調査した。

 全世界のDCIM市場規模は、2016年に2012年の約2倍になると予測している。国内のデータセンターのうちDCIMを導入しているのは、約0.5%にとどまるという。多くの事業者データセンターでは、自ら開発したソフトウェアで管理している。また金融や製造、流通などの一般企業のデータセンターではDCIMというソフトウェアの認知度そのものが低いとした。


データセンターインフラ管理ソフト(DCIM)の機能

 IDCは、電力料金の上昇や、データセンター市場での競争激化により、データセンターの運用効率を継続的に改善することが重要であると指摘。データセンターの建物設備の老朽化やセンター内のIT機器、空調や電源設備などを一括して管理することが、効率改善の鍵になると説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]