編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

性能10倍、消費電力10分の1、設置面積5分の1--NECの新スパコン

2013-11-15 19:20

 NECは11月15日、大量の配列処理に優れるベクトル型プロセッサを搭載したスーパーコンピュータの最新モデル「SX-ACE」の販売を開始すると発表した。販売価格は、レンタルで月額450万円(税込)から。


SX-ACE(最大8ラック)

 SX-ACEは、シリーズ初となる複数のコアを持つベクトルCPUを搭載。前機種と比較し、単一ラック当たりの性能は前機種に比べ10倍に、消費電力は10分の1、設置面積を5分の1に改良したという。

 ベクトル型スーパーコンピュータは、科学技術計算や大規模データの高速処理を得意とし、気象予報、地球環境変動解析、流体解析、ナノテクノロジー、新規素材開発などのシミュレーションにおいて高い性能を持つとした。

 スーパーコンピューター群「SXシリーズ」は、これらの領域において、全世界で1400台以上の累計販売実績があると強調。SX-ACEは従来のSXシリーズと同様に、コア当たりのアプリケーション性能を引き上げることで、より少ない利用コア数でも高い性能を持つという。

 NECはさらにSX-ACEの後継機として、従来のスーパーコンピュータ領域に加え、産業応用領域やビッグデータ解析をターゲットとした次世代高性能サーバの検討を開始したという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]