編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

約30ドルの超小型コンピュータ「Raspberry Pi」でスパコンを自作しよう

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2013-06-05 07:30

 自作(DIY)コンピュータと言えば、おそらく多くの人が、超高性能のゲーム用コンピュータを組むことや、安価な部品を組み合わせて最低限の費用でPCを作ることをイメージするだろう。スーパーコンピュータを作ることなど、想像しないはずだ。しかし、考えてみるべきかもしれない。米ボイジー州立大学、電気・計算機工学科の博士課程の学生であるJoshua Kiepert氏は、「Raspberry Pi」(RPi)コンピュータを使って、2000ドル以下でミニスーパーコンピュータを作り出した

 RPiは、シングルボードのLinuxコンピュータだ。RPiはCPUに700MHzの「ARM11」プロセッサ、GPUに「VideoCore IV」を搭載している。Kiepert氏が使ったモデルBは、512 MバイトのRAMを持ち、2つのUSBポートと10/100 BaseTイーサネットポートが付いている。Kiepert氏はそのプロジェクトのために、このプロセッサを1GHzにオーバークロックした。


これがRaspberry Piをベースにした手作りのスーパーコンピュータだ。

 Raspberry Piは単体でも興味深い存在だが、スーパーコンピュータの部品として見る人はほとんどいないだろう。しかし、Kiepert氏は問題を抱えていた。同氏は博士号取得のために、無線センサーネットワークのデータ共有について研究しており、そのネットワークのシミュレーションを、ボイジー州立大学にある、Linuxを使ったOnyx Beowulfクラスタスーパーコンピュータを使って行っていた。スーパーコンピュータとしては普通の性能を持つこのコンピュータには、現在32のノードがあり、それぞれが3.1 Ghzの「Intel Xeron E-3 1225」クアッドコアプロセッサと8GバイトのRAMを持っている。

 Beowulfクラスタは、複数の安価な商用オフザシェルフ(COTS)コンピュータをネットワーク化してつなげ、その上でLinuxと並列処理ソフトウェアを動かすものだ。1994年に米国のゴダード宇宙飛行センターのDon Becker氏とThomas Sterling氏が手がけたこの設計は、スーパーコンピュータのアーキテクチャとして一般的なものの1つになっている。

 では、利用できるBeowulfスタイルのスーパーコンピュータがあったにも関わらず、Kiepert氏が自分用のBeowulfコンピュータ作り始めたのはなぜだろうか?ホワイトペーパー「Creating Raspberry Pi-Based Beowulf Cluster」(Raspberry Piを使ったBeowulfクラスタの作成)で、同氏は次のように説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]