編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

世界最速を競ったスーパーコンピューターたち

ZDNet Japan Staff

2012-11-29 12:00

世界最速のスーパーコンピュータをランク付けするプロジェクト「TOP500」で、11月に首位を獲得したのは米オークリッジ国立研究所の「Titan」だった。LINPACKによるベンチマークで17.59ペタフロップスを達成したTitanは、CrayのXK7システムで稼働している。NVIDIA製GPUアクセラレータ「K20x」を26万1632コア搭載し、CPUとしてAMD製プロセッサを組み込んだ。総コア数は56万640に及ぶ。

TOP500は毎年2回、6月と11月に世界最速のスパコンを発表。今年が20年目であり、さらに今回は40回目の開催だった。

世界最速のスーパーコンピュータをランク付けするプロジェクト「TOP500」で、11月に首位を獲得したのは米オークリッジ国立研究所の「Titan」だった。LINPACKによるベンチマークで17.59ペタフロップスを達成したTitanは、CrayのXK7システムで稼働している。NVIDIA製GPUアクセラレータ「K20x」を26万1632コア搭載し、CPUとしてAMD製プロセッサを組み込んだ。総コア数は56万640に及ぶ。

TOP500は毎年2回、6月と11月に世界最速のスパコンを発表。今年が20年目であり、さらに今回は40回目の開催だった。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]