編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
Editors'

マイクロソフト次期CEOの条件とは - (page 3)

怒賀新也 (編集部)

2013-11-29 07:30

最終的な焦点は個人向け市場を交えたビジネスストーリーにあり

 11月26日のCNET Japanの記事で、MicrosoftのDevices and Studios部門のエグゼクティブバイスプレジデント、Julie Larson-Green氏が「Windows Phone OS、Windows RT、そして完全版のWindowsがある。このまま3つのバージョンを維持するつもりはない」と話した。「Windows」の冠をつけるにはRTは不完全だったとの反省が背景にあったとする一方で、いずれにしてもPC版、タブレット版、モバイル版のWindowsを統合する構想であることが分かった。

 となれば、世界中のPCに導入されているWindowsとWindows Serverを軸に、ゆくゆくは個人向けPCやタブレット、スマートフォンの領域をしっかりと取りに行く戦略を描いているはずだ。

 端的に言えば、Appleがこの数年、iPod、iPhone、iPadで築いた陣地を、オセロの要領でひっくり返しにくる可能性がある。サーバ、PC、タブレット、スマートフォンがスムーズに連携するというアドバンテージは、技術的に言えば確実に存在するからだ。

 だが、やはりそんな未来がいまひとつ想像できないのは、Microsoftに「Steve Jobs」のような人物が見当たらないからである。製品面で言えば、Windowsが培った存在感は言うまでもなく、日本ではほとんどユーザーがいないWindows Phoneもその完成度の高さを指摘する声は特に米国や欧州に多い。

 今後のMicrosoftに必要なのは、コンシューマー向け製品と企業向け製品を組み合わせ、それをブランド化して人々に訴求する、魅力的なストーリーを打ち出すことではないか。それができる人物は誰か。候補者選びの実情はさておいて、ここでは、身勝手な選抜をしてみたいと思う。

 少しイメージがつながる職種として、映画監督が浮かぶ。コンピュータグラフィックスや撮影機材など裏方で最新の技術を使いながら、コンテンツが持つ力で人々が感動する作品をつくる。一方で、緻密なマーケティング力でプロモーションを展開し、映画館に人を呼び込む感覚も持ち合わせている必要がある。

 と考えてズバリ、「Steven Spielberg CEO」なんていかがだろう。Spielberg氏がMicrosoftをどのように描き切るのか――空想して少しワクワクしてしまった。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookTwitterRSSメールマガジンでも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]