編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

富士通と井関農機、農業生産者向けサービスで協業開始

山田竜司 (編集部)

2013-12-13 19:42

 富士通は12月12日、農業機械専業メーカーである井関農機と協業すると発表した。農業生産者向けサービス「農業生産管理SaaS 生産マネジメント」をカスタマイズし、井関農機グループへ来年度より提供開始する。

 農業生産管理SaaS生産マネジメントは田畑に設置したセンサやカメラ、スマートフォンなどからクラウド経由でデータを収集、分析できるツール。センサから気温、温度、日射量、作物画像、土壌温度など、スマートフォンからは作業実績、生産履歴、作業場所把握のためのGPSデータを収集する。

 今後は、井関農機の農業機械を田畑で動作させることで得られる機械情報や作業情報を収集 し、富士通のシステムと連携させることで、データ活用を促進し、農業経営の向上を目指す。

 富士通は生産から販売まで、企業的な農業経営を支援するクラウドサービス「Akisai」を2012年7月に発表している。


Akisaiの詳細

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]