編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

クラウドDWH「Redshift」にRDBMSのデータを転送するサービス「FlyData Sync」

田中好伸 (編集部)

2014-01-10 17:27

 米FlyData(旧Hapyrus)は1月9日、SaaS型データウェアハウス(DWH)「Amazon Redshift」にデータをアップロードするサービス「FlyData Sync」の提供を開始した。オープンソースソフトウェア(OSS)のデータベース「MySQL」に対応している。

 FlyData Syncは、RedshiftにMySQLなどのRDBMSからデータを簡単に転送するサービス。FlyData Syncで指示されたコマンドをユーザー企業内のサーバで実行して、転送元となるRDBMS情報を登録、ウェブ上からRedshiftの情報を登録するだけ設定が完了する。

 今回のサービスは、以前から提供されていたサービス「FlyData for Redshift」の一機能として利用できる。FlyData for Redshiftは、例えばウェブサイトでのユーザーの行動履歴(ログ)データを送信するツールになる。FlyData SyncでRDBMSから自動的、継続的にデータが送信され、Redshiftの上でRDBMSにあるマスターデータとログをを統合して分析できるようになる。

 FlyData SyncはサポートするRDBMSとしてまずはMySQLを選択した。今後は随時OSSの「PostgreSQL」や商用の「Microsoft SQL Server」や「Oracle Database」などにも対応していくことを明らかにしている。

 サービスを提供するFlyDataは、これまでの社名がHapyrusであり、今回のサービス提供にあわせて社名を変更した。同社の創業者の藤川幸一氏は2009~2010年に、独立行政法人の情報処理推進機構(IPA)が中心となっている「未踏ソフトウェア創造事業」に選ばれた。

 藤川氏は2011年3月に米カリフォルニア州シリコンバレーにHapyrusを設立。2012年にはシリコンバレーで著名な「500 Startups」から投資を受けたことがある。2014年1月時点で同社への出資額は約1億6000万円という。同社は今回のサービスにあわせて社名を変更するとともに日本法人も設立している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]