編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ウル、Amazon Redshift基盤のクラウドDWHを提供--TalendやTableauも活用

山田竜司 (編集部)

2013-09-02 17:55

 ウルシステムズは9月2日、大企業向けにクラウド型データウェアハウス(DWH)プラットフォーム「White-eYe」の提供を開始した。初期導入費用は200万円から、月額利用料は35万円から。

 White-eYeは、Amazon Web Services(AWS)のDWH「Amazon Redshift」にデータ抽出・加工・統合(ETL)機能、ビジネスインテリジェンス(BI)、機械学習、運用管理などを統合した。


White-eYe

 ETLには、オープンソースのデータ変換ソフト「Talend」を活用し、基幹システムや分散並列処理フレームワーク「Apache Hadoop」などのデータをRedshiftへロードする。Redshift上のデータは、機械学習で特徴抽出などを自動で展開、BIツール「Tableau」でデータを可視化する。

 ウルシステムズは「これまでの大企業向けのDWHは構築や管理に時間と費用がかかったが、Redshiftはテラバイトあたり年間1000ドル以下で利用でき、拡張性も高い」とコメントしている。ウルシステムズは、White-eYeの導入とともにシステムのデータ連携や運用管理などのコンサルティングや各種技術支援も提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]