編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

SaaS型BIツール「Tableau Online」が一般提供--企業間でダッシュボードを共有

田中好伸 (編集部)

2013-07-31 16:47

 ビジネスインテリジェンス(BI)ツールを提供するTableau Japanは7月30日、SaaS型BIツール「Tableau Online」の一般提供を開始したことを発表した。従来のソフトウェア「Tableau Server」をクラウドで利用できる。

 Tableau Serverは、ブラウザベースのBIツール。必要なすべてのデータをダッシュボードに統合して、ブラウザ内でフィルタリング、ハイライトでの表示、ドリルダウンでの探究といった作業をウェブに展開できる。チームでのワークスペースやコラボレーションソフトウェア「SharePoint」のサイトにダッシュボードを埋め込むこともできる。

 Tableau Onlineは、Tableau ServerをSaaSで利用できる。数回のクリックでダッシュボードを公開でき、そのサイトにほかのユーザーを招待して一緒に閲覧するなどの共同作業が可能になるという。顧客企業やパートナー企業とダッシュボードを共有する場合には、ファイアウォールの外側で動作してもセキュリティを保持できるとしている。

 Tableau Onlineのデータやメタデータは、Tableauの「Data Server」で一元的に管理できる。ダッシュボードを公開して共有し、ほかのユーザーがそのデータにアクセスして独自に分析できるため、作業の重視を避けられ、完了済みの作業内容を活用してデータを準備、公開することもできるという。

 Tableau Serverと同様にTableau Onlineは、モバイル端末の利用にも最適化されているという。iPadやAndroidタブレットの種別を問わずにダッシュボードを利用できる。モバイル端末のタッチパネルにも自動的に最適化されており、新しくダウンロードする必要もないとメリットを説明している。

 Tableau Onlineは、GoogleアナリティクスやAmazon Redshiftなどに接続しても利用できる。

Tableau画面 Tableauを活用したビジュアル分析イメージ(提供:Tableau Japan)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]