編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

アシスト、BIツール「QlikView」専用の地理情報システム「GeoQlik」

田中好伸 (編集部)

2012-12-07 15:26

 アシストは12月7日、ビジネスインテリジェンス(BI)ツール「QlikView」専用の地理情報システム(GIS)「GeoQlik」の販売を開始した。税別価格は5ユーザーで71万8000円。GeoQlikを提供する仏Business Geograficと国内での総代理店契約を結んでいる。

 「Google Maps」の普及に見られるように、地図情報へのニーズは高く、アシストが提供するQlikViewのユーザー企業からも地図情報と連動して、より視覚的で直感的な情報を活用したいという声が寄せられているという。今回のGeoQlikはQlikViewの拡張機能として稼働し、Google Mapsや「OpenStreetMap」といったウェブマップを利用する。

 GeoQlikを活用すれば、企業内に蓄積されたデータと視覚的な地図情報が連動して、コストを抑えて、専門知識がなくても容易に実装できるという。例えば、エリア別の売上実績や顧客の分布状況などを地図上にさまざまなチャートで表すことができる。これで「どこで何が起きているのか」を把握でき、より俯瞰的に判断できるという。

図1 QlikViewとGeoQlikの連携イメージ
※クリックすると拡大画像が見られます
図2 QlikViewとGeoQlikの連携イメージ
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]