名古屋銀行、情報系システム基盤を仮想化

山田竜司 (編集部) 2014年01月15日 16時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 名古屋銀行はシステムの運用を仮想化基盤と事務システム部に集約し、ガバナンスを強化、セキュリティを向上させている。製品を提供した日本マイクロソフトが1月14日に発表した。

 名古屋銀行は、社員のPCのOSを「Windows 7」に変更し、顧客情報管理システム(CRM)とデータウェアハウス(DWH)のデータベースとして、リレーショナルデータベース管理システム「SQL Server 2012」を採用した。社内で利用する情報系システム基盤を刷新するため、2012年10月から基盤の仮想化を検討してきたという。同社はサーバの台数が増えすぎ、管理が煩雑になっていたと説明する。さらにハードウェアを新しい機器へ入れ替えるときに、OSの互換性などアプリケーションの検証をしなければならず、管理の負荷を高める原因だったと振り返る。

 基盤を仮想化すれば、繁忙期や朝夕などの時間ごとにサーバのリソースの入れ替えを柔軟に変更するなど、資源の最適配分や有効活用できると考え、決断したという。

 同社ではMicrosoftのハイパーバイザ「Hyper-V」を採用した。以前から採用していた「Windows Server」の機能の1つとしてHyper-Vが組み込まれているため、サーバOSとの相性の問題を考える必要がなく、ライセンス面でもメリットがあることを採用理由に挙げた。

 物理サーバを160~170台運用していたという名古屋銀行では、初期導入コストや保守管理費用が削減でき、Hyper-Vベースの仮想化基盤ではコストを半分に抑えられるという試算も出たという。


構成図(日本マイクロソフト提供)

 名古屋銀行は導入後のシステムの安定性やパフォーマンスを評価。また、銀行全体として、仮想化基盤があるため、システムはそこに載せようという意思統一ができるようになったと説明した。

 名古屋銀行では、今回構築したWindows Server 2012 Hyper-Vをベースにした仮想化基盤に合わせ、それらを管理するSystem Center Virtual Machine Manager (SCVMM)2012のバージョンアップにとりかかっており、今後はOSやOfficeのバージョン管理なども実施する予定とした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算