サイバー攻撃への対処法を知る--ZDNet Japanが2月19日にセキュリティセミナー開催

ZDNET Japan Staff

2014-02-05 08:17

 「サイバー攻撃がより巧妙さを増している」――いわゆる標的型攻撃や、明らかに日本国内をターゲットにした攻撃など、被害者となるターゲットが面から点へと変化しているという。また、アプリケーションやOSのパッチに存在した脆弱性を狙うなど、対処しづらい攻撃の事例が特に増えているとの報告もある。



 対策として、ネット上で企業にとってセキュリティ上の問題が起きていないかを監視し、事件に対応する組織(CSIRT)を作る動きがある。一方、セキュリティ対策に経営者が理解を示してくれない企業も多いとの指摘もある。システム担当者の負担は増える一方だが、さらに最新のセキュリティ動向を把握し、自社に合った解決策を探す必要がある。

 セキュリティ関連投資を増やす企業の割合が前年の20.1%から6.6ポイント上昇し26.7%になったとの調査結果もある。

 ZDNet Japanでは2月19日にセキュリティセミナー「リスクの把握なくして対策なし--いま存在する脅威を再認識する」を開催する

 標的型攻撃に対する制度設計や水飲み場攻撃などの最新の攻撃手法を解説。標的型攻撃の傾向や事例を解説しながら、セキュリティ問題を解決するIT企業や研究機関とともに、自社に合った現実解を考える貴重な1日となる。ぜひ足を運んでもらいたいセミナーだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]