編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

ゼータ・ブリッジ、BS放送のCM放送実績を提供開始

山田竜司 (編集部)

2014-02-05 11:59

 ゼータ・ブリッジは2月3日、東京、大阪、名古屋地区の地上デジタル放送に加え、BS放送のCM放送実績がわかる「テレビCMメタデータ」の提供を開始すると発表した。


システム概要

 テレビCMメタデータは、受信したテレビ放送をリアルタイムに解析、CM部分だけを検出し、蓄積された過去データと高速にマッチングすることで自動的に放送履歴データを生成する「CM自動認識システム」により提供される。

 ゼータ・ブリッジはこのシステムを関連会社のソニーと2003年に共同開発し、自社のテレビCMデータをマーケティングに利用する企業向けにデータを提供している。

 今回、新たにBS日テレ、BS朝日、BS-TBS、BSフジ、BSジャパンの5局のCMデータを開始する。BS放送でも、地上デジタル放送と同じCM自動認識システムを使用し、従来のサービスと同様に放送終了後最短15分でデータ提供が可能という。データは放送履歴のほか、放送局や企業、商品、期間を指定し、抜粋したデータも提供できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]