編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

ANAグループ、連結会計システムをSaaSに変更--持ち株会社制移行が契機

NO BUDGET

2014-02-19 17:09

 ANAグループは、SaaS型連結会計システム「STRAVIS on CLOUDiS」を採用、本格稼働を開始させた。電通国際情報サービス(ISID)が2月18日に発表した。

 ANAグループでは、2013年4月にANAホールディングスを持ち株会社とする体制へ移行。それを機に連結会計システムを刷新し、STRAVIS on CLOUDiSの利用を開始した。

 持ち株会社のもとで中核の全日本空輸をはじめとするグループ会社、ANAグループを監査する監査法人がネットを通じて、それぞれの担当業務に応じた機能を利用している。

 STRAVIS on CLOUDiSは、450を超える企業グループで採用されているISIDの連結会計パッケージ「STRAVIS」をクラウド上で提供するサービス。ANAグループでは、ソフトウェアのライセンスを含めた、すべてのシステム環境をサービス利用型モデルで利用している。

利用イメージ
ANAグループでのSTRAVIS on CLOUDiSの利用イメージ(ISID提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]