編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SAPとBMWが「Connected Car」向けサービスの基盤技術を披露

山田竜司 (編集部)

2014-03-03 14:05

 SAPとBMW Group Research and Technology(BMW)は2月26日、車両向けのモビリティサービス向け技術基盤のプロトタイプを開発したと発表した。

 このプロトタイプは、SAPのクラウド事業ポートフォリオ基盤「SAP HANA Cloud Platform」を使い、クルマの位置やルートに基づく、ドライバーの好みに合わせたサービスを提供するというもの。

 SAPは、HANA Cloud Platformが、BMWと駐車場やガソリン、飲み物、食べ物などのサービスを提供する外部パートナーとの橋渡し役となるとアピールする。

 さまざまなパートナーからの情報が仮想マーケットプレイスに集められ、BMWは将来的に車内のダッシュボードやモバイル機器を通じて、状況や個人に合わせたサービスをユーザーに提供したいという。

 さらにSAPはBMWとともに、パーキングや小売事業者によるクーポン発行のプロトタイプを開発したと発表。ドライバーの属性や車両の位置に基づき、システムはクルマの目的地付近の適切な駐車場情報を提供する。料金や車種に合った駐車場であるかなど、関連情報も表示される。ドライバーが駐車場を選択した後は、その位置がナビゲーションシステムに送られ、ルートを案内する。

 クーポン発行のケースでは、ドライバーの現在地、選択したルート、ユーザーの好みに合わせ、推奨情報を提供し、駐車場のケースと同様、店舗情報をナビゲーションシステムに送り、ルート案内を取得することも可能とした。選んだクーポンはドライバーのスマートフォンに送り、そのまま店頭で使うことができる。

 このプロジェクトは、SAPとBMWとの共同研究の一環として実施された。SAPは、通信デバイスを搭載し常時インターネットに接続する「Connected Car」のビジョンを、一歩現実に引き寄せたとアピールしている。


BMW Group Research and Technology Testimonial

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]