編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

NEC、5100人体制の新会社を設立--国内のものづくり拠点を再編

山田竜司 (編集部)

2014-03-04 12:22

 NECは2月28日、国内のハードウェア開発、生産拠点を再編し、7月1日付で従業員約5100人体制の新会社を発足すると発表した。新会社の名称や代表は未定。再編により、各拠点が有する開発技術や生産技術を融合させ製品力アップや、品質管理のノウハウ共有などを通じ、品質、価格、納期の改善を目標に掲げる。

 具体的な再編内容として、ブロードバンドルータや車載機器などを開発、生産するNECアクセステクニカ、IP-PBX、POS端末などを開発、生産、販売するNECインフロンティアとNECインフロンティア東北、サーバやストレージなどを開発、生産するNECコンピュータテクノの4社を合併し、新会社を発足する。あわせて、NECエンベデッドプロダクツのテープストレージ開発、生産部門を新会社に移管するとした。

 新会社は、従業員約5100人体制で、コンピュータ機器や通信機器、端末、組込み機器などの開発、生産を一元的に担うものづくり拠点と説明、NECは新会社を、社会ソリューション事業を軸とした成長戦略を支える中核ハードウェア開発、生産会社として位置付ける。

 NECは、「2015中期経営計画」をもとに社会ソリューション事業を軸とした成長戦略の実行に向け、顧客起点の組織再編、ソフトウェア子会社の再編、NECフィールディングの完全子会社化に向けた公開買付け実施など、体制整備を推進している。今回の再編は、グローバルでのサプライチェーン管理(SCM)体制を拡充する取り組みの一環と説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]