ミツバ、グローバルWAN採用でネットワーク帯域を2倍に拡大

NO BUDGET 2014年03月13日 10時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自動車や産業オートメーションシステム向けに運搬設備の製造と情報サービスを提供するミツバは、国内外1万7000人の従業員の能力を結集するため、WAN最適化技術を備えたグローバルWANを採用し、49%のネットワークトラフィックを削減した。製品やサービスを提供したベライゾンジャパンが3月12日に発表した。

 ミツバでは、グループ企業間におけるデータ量が加速的に増大していることに対応するため、同社が利用するシスコの広域アプリケーションサービス(WAAS)と統合できるWAN最適化技術を持ち、さらに保守、運用も提供できるテクノロジーパートナーを求めていた。特に、同社が事業を展開する既存市場のみならず、同社が注力する経済新興国でのオペレーションをサポートする、グローバル規模のテクノロジーパートナーを必要としていたという。

 ベライゾンは、ルーターおよびネットワークデバイス30万台以上を管理するため、スタッフ6500人を世界中に擁し、140カ国以上で5000を超える顧客ネットワークを管理している。今回、ベライゾンのグローバルWANを採用したことで、ミツバは既存のネットワークの通信帯域幅を2倍以上に拡大、大幅にコストを削減した。ベライゾンは、これによってミツバが事業の拡大をさらに加速できたとしている。

 ミツバ情報システム担当執行役員の関田茂夫氏は次のように説明する。

 「私たちの事業は、24時間365日絶えず稼働し続ける堅牢なネットワークに支えられています。当社では、新たな市場に事業を拡大するにあたり、またネットワークの信頼性と拡張性がますます重要度を増す中、展開するすべての市場を網羅する当社のネットワーク全体を包括的に管理できるマネージドネットワークソリューションプロバイダーが必要だと判断しました。ミツバは、そうすることで、日常のネットワークサポート作業にかかるリソースを、ビジネスアプリケーションの開発や運用により効率的に割り当てられるのです。ベライゾンは私たちが求めていたグローバルプレゼンスと実績、グローバルに導入する際の専門知識を持っていました」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算